プレバトに影響を受けた大学生の俳句をぜひ、

Writer: admin Type: diallers Date: 2019-01-17 00:00
プレバトに影響を受けた大学生の俳句をぜひ、知識や経験のある方に俳句の添削をお願いしたく、投稿しました。暖冬や こけた老婦に 手貸す児らだんとうや こけたろうふに てかすこら暖かく、外出しやすい暖冬、公園で散歩している老婦がこけた際に、手を貸して起こそうとする子どもたち、という風景を詠みました。公園で散歩というのは、外出しやすい暖冬、老婦がこける、子どもたちがいるという状況を描くことで連想させ、読み手を信用して、あえて書きませんでした。また、誰かが困っていても助けてはくれないこの冷たい世の中、手を差し伸べてくれる子どもたちは、まさに毎年寒さが厳しい冬にもたまには暖かい冬もある暖冬のようだという気持ちを重ねてみました。添削よろしくお願いいたします。共感した0###「暖冬」「こけた」「老婦」などの単語が、俳句として味わいにかけます。やせこけた 手を取る子供 冬日和表面的には祖母(祖父)と手をつないで散歩しているだけのようですが。「やせこけた」は「痩せこけた」と「痩せていて・転けた」の掛詞になっています。痩せた手は暗に老人を表します。他の部分は凡庸ですが、あまり言葉のチョイスに凝りすぎるのも嫌らしさが出るので、さらっと表現してみました。ナイス0
###みなさん、手厳しいお言葉ありがとうございます。勉強して出直します。###冬の浜 子らが虐める 亀助け程度のバカげた俳句ですね。子供じみた単なる五七五ではなく、もう大学生なんだから何冊か俳句の入門書でも読んで、俳句が何かくらいはわかってから作りなさい。ナイス0
###まず、表記の問題。俳句は、特段の狙いがあるのでなければ、途中一字空けなどせずに、一連で書きます。次に、内容の問題。俳句は詩ですから、単なる報告以上のものにしてください。最低でも、老婦人抱き起こされて冬温しぐらいにしてもらわないと、議論が始まりません。ナイス0

 

TAG