テニス 大阪なおみさんの日本代表について

Writer: admin Type: diallers Date: 2019-01-19 00:00
テニス 大阪なおみさんの日本代表について一視聴者として、モヤモヤした感覚がどうしてもあります。日本代表ではなく、アメリカ代表で出た方が自然だと思ってしまいました。日本初の快挙と言われても、ピンとこない。(ハーフとか見た目の問題ではないです。)比較の例でいうと、大谷翔平は逆にピンときます。日本の文化で育ち、日本の中学高校で野球を教わり、アメリカの大舞台で活躍してます。この違いなんですよね。日本の野球人がどこまで通用するのか。大谷が3歳からアメリカで生活して、アメリカの文化で育ち、アメリカ式の野球を教わった人であったら、親近感がわかないです。日本語が話せなくて、日本代表として、初の快挙と言われても、なんだかなーと思ってしまいます。血は日本でも、98パーセントアメリカナイズされてるはずなんで。日本語が話せないなら、なおさら。大阪なおみさんに、このような感覚を抱いてしまいます。3歳からアメリカで生活して育って、アメリカ文化で育って英語しか話せないなら、アメリカ国籍を選ぶほうが自然で、日本代表と言われても、あまり親近感がわかないのです。そんな感覚、感じませんか?個人として応援しますが、日本代表と言われたら、ん?となりませんか?補足別に、これが差別と思うなら別にかまいません。人前では言いませんが、これが本音ですやゅや共感した0###テニスというスポーツにおいて世界で通用するレベルになるためには、日本にいてはいけないということなだけだと思います。錦織選手がいいロールモデルだと思います。松崎しげるばりに真っ黒に日焼けした錦織選手がインタビューに答えて、日本のメディアにも英語だけで答えても違和感はないです。そんなんで、ID非公開さんは世界の広さを実感することやグローバルな変化に対応できていないだけだと思います。ナイス0
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###わかります。野球の場合は大谷選手以前にたくさんの先輩選手が米国で活躍してきたので、大谷選手の活躍が飛躍しているとは感じないです。むしろ日本野球の順調な成長を感じます。一方、大阪選手の場合、過去の日本人女子テニス選手がまったく届きそうになかった4大大会優勝の壁を軽々と越えてしまったので、正直ついていけないし、極端な飛躍を感じます。どうしてもその飛躍の理由を血筋だと思ってしまいます。錦織選手の活躍も、ぶつかっている壁も日本人特有の感じがします。体格でセリーナに負けてないのことに違和感を覚えてしまいます。でもそういうことを彼女が全然気にしてなさそうなのが、見ててうれしくなります。ナイス0
###どこの国でもそうですが、日本民族代表ではなく、日本国籍保持者代表です。だからモヤモヤなんてしません。彼女の持てる権利の中で、彼女のプロテニスプレイヤーとしてのアイデンティティを一番満たせる国籍が日本ならば、日本国籍代表で良いし、素晴らしい事です。だから、肌の黒いフランス語を話すドイツ国籍者がドイツ代表でも、広東語を話す漢民族のアメリカ国籍者がアメリカ代表でも、べつにモヤモヤしません。ナイス1
###私は別に何とも思いませんよ。あなたがモヤモヤするのは、あなたの問題です。自分で心に決着をつけるしかないでしょう。別に認めないなら、それでよいんじゃないでしょうか?人前で言わなければ差別じゃないですからね。〇人というのは、国籍だと重いっていますし、私は別に全然気になりませんよ。本人が望んでないのに、無理やり日本代表にしたのなら気になりますが、本人が望むなら別に良いのでは?ナイス0

 

TAG