>目先は、底打ちからのリバウンド上昇幅が大

Writer: admin Type: diallers Date: 2019-01-19 00:00
>目先は、底打ちからのリバウンド上昇幅が大きなものになりました。戻り売りが出ることを考えると、ここからの上値は限定的になる可能性も考えられます。株価の波動を見ながらの、安いタイミングを狙った逆張り戦略の短期売買を中心にしてもよいかもしれません。 投資信託初心者です。投資の予想家の予想を見ていたら上記のようなコメントが書いてありました。そこで質問ですが、よく「逆張り戦略」と言う言葉を聞きますが、この意味とやり方を中学生でも分かる位、解かりやすく教えて頂くと大変助かります?m(._.)m共感した0###>よく「逆張り戦略」と言う言葉を聞きますが、この意味とやり方を中学生でも分かる位、解かりやすく教えて頂くと大変助かります?m(._.)m「逆張り戦略」とは、簡単に言うと、「相場が下がったら買う」、または、「相場が上がったら売る」、という方法です。そのやり方はいろいろとあります。例をあげると次のとおり。(1)昨日のドル円の終値が103円だったと仮定して、今日の為替レートが、昨日の103円より下がれば買う。→そして、買ったのち相場が上がれば、決済して儲ける。逆に、今日の為替レートが、昨日の103円より上がれば売る。→そして、買ったのち相場が下がれば、決済して儲ける。(2)もし、「長期的に見て相場の勢いや流れ(=トレンド)は上向きだろう」と思うなら、新規では「買い」だけをやり、その後、上がるのを待って決済し儲ける。逆に、「長期的に見て相場の勢いや流れ(=トレンド)は下向きだろう」と思うなら、新規では「売り」だけをやり、その後、下がるのを待って決済し儲ける。 たとえば、下の図は、今年の3月以降のドル円(ドルと円)の為替レートの経緯を表したものです(この図のことを、チャートといいます)。このチャートを見て「長期的に見て相場の勢いや流れ(=トレンド)は上向きだろう」と判断した人が、中央の青線よりドル円が下へ下がったらドル円を買って、その後、中央の線を上に越えるのを待ってから決済して利益を出した…とすれば、その売買方法が、「逆張り戦略」です。###勉強になりました。

 

TAG